日昇つくば
茨城県つくば市の一般・産業廃棄物収集・運搬・処理業
ISO14001認証取得 MSA-ES-494/JAB CM024
茨城県つくば市片田468 TEL029-838-1070(代) FAX029-838-2018
ISO認証 JAB認証 
 
    地域社会と業界発展に向けて

    JAGつくばソーラーカーチーム 支援
 
当社代表の出身校でもある、つくば工科高OBで結成されたJAGつくばソーラーカーチームを会社あげての応援、支援しています。

 毎年、最新の技術で車を改良し鈴鹿サーキットで開催される『FIA ALTERNATIVE ENERGIES
CUP ソーラーカーレース鈴鹿』に参加しています。
 平成25年には車両を4輪から3輪に変更、軽量化など日々改良を行い、令和元年ついに総合優勝(エンジョイⅠ・Ⅱクラス)を果たしました。
 
 
    ソーラーカーレース鈴鹿2019 初優勝
 
2019年8月2日に三重県鈴鹿サーキットで開催された、FIAエレクトリック&ニューエナジー・チャンピオンシップ ソーラーカーレース鈴鹿2019の4時間耐久レースに参戦した結果は、最終盤でオリンパスチーム、平塚工科チームを退け、念願の総合優勝を成し遂げました。
 
     「総合優勝おめでとう!JAGつくばソーラーカーチーム」
 
  打倒 オリンパスチームを目標に車両制作や運転技術で地味な努力を重ね、
  参戦16年目に初優勝を勝ち取りました。
 
 戦い終えて塚田総監督談
 今までにない努力によって、ひとつの目標が達成することが出来た。
当チームは今大会を16年間の集大成と位置付け、レース5か月前から仕事の終わりや休日を利用して、会社のガレージで深夜まで作業を続けた。
 バッテリーやブレーキの強化を図り、細部に高度な技術工夫を重ね最良のマシンを作り上げた。さらに、事前に現地に車両を運び試験走行を繰り返し行って、万全の準備で本戦に挑んだ結果である。
 これからも、若者が様々な挑戦、経験によってますます成長できる事を期待する。
 
 
    ソーラーカーレース鈴鹿2019 レポート
 
 ソーラーカーレース参加メンバーからの参戦レポートを掲載します。
 
 レースは1週6kmコースを4時間で何周出来るかを競う耐久型。
 周回数43周を目指し、日々マシンの調整を行ってきた。スピード重視モーターに合わせブレーキ強化、車体フレームの変更を行った。また、バッテリーの充電方法の見直しを行い、マシンのすべてが満足いく仕上がりで当日を迎えることが出来た。
 
2019年8月2日(金)初日予選 (快晴)
 予選レース1周4分18秒の最高ラップで大会レコードを出して予選トップ通過となる。2位との差は4秒!この時のスピードが80.76km/h(平均スピード役64km/h)だった。翌日の決勝戦は、ポールポジションからのスタートとなった。決勝戦は塚田総監督の指示により、序盤は強豪チームに先行させ、終盤まで一定の周回タイムを維持して電力を温存し、残り30分からのスパートする戦略とした。周回5分10秒台での走行を目標とする。
 
2019年8月3日(土)二日目決勝戦(快晴)
 
 前半
スタート直後から、2016年まで6連覇という記録を持っている平塚工科チームと2017年からの3連覇を目指すオリンパスチーム一騎打ちとなる。
JAGつくばは序盤、ファーストドライバーの絶妙なペース配分により5~6位をキープする。
 
 
 中盤
トップを走るオリンパスチームと平塚工科チームは常に10秒以内の差でバトルは続いている。
ドライバーチェンジにやや時間を要す。また、小さなマシントラブルもあったが好位置をキープし後半に向かう。
 
 後半
依然として上位2チームのバトルは続いいている。このままで上位2チームと
5分近く差が広がり、やや焦りを感じる。塚田総監督からのGOサインは出ていない。
トップを争っていたオリンパスチームが電力不足からペースを落とし始める。
 
残り30分、塚田総監督からの指示によりスパート開始!1周4分45秒と最速ラップタイムを出し、トップとの差を縮め、順位を3位に押し上げる。残り15分、2分30秒あったトップとの差をみるみる縮める。
残り5分、ついにまえを走っていたオリンパスを抜き去り2位に浮上する
 
残すは、1位の平塚工科チームを捉えるのみ、がんばれ!!JAGつくば
 
最終周回、ついについに、1位を走行していた平塚工科チームを捉えた!
そのまま後続を引き離しゴール!1位でチェッカーフラッグを受けた。
ついに念願のエンジョイⅡクラスと総合優勝を勝ち取った。
 
 
※オリンパスチームを44周目で追い抜き2位に浮上、平塚工科チームを45周目ファイナルラップで追い抜き勝利しました。
目標周回数43周を達成。予選1位、決勝戦クラス別1位、総合1位の完全優勝を果たしました。
長年に亘り応援してくだいました皆様、ありがとうございました。
 
    ☆日昇つくばの確かな技術力がサーキットで証明された。
 
                                  レポート:OP国澤 
 
 
    JAGソーラーカー総合優勝祝勝会
  
 2019年8月3日に三重県鈴鹿サーキットで行われた、ソーラーカーレース鈴鹿2019 エンジョイクラスⅡ4時間耐久レースの総合優勝を讃える祝勝会を、16年間チームを支えてきたチーム総監督でもある塚田代表の主催により開催しました。
 前年は惜しくも終盤にオリンパスチームに逆転されクラス別2位の成績に終わりましたが、今年はレース終盤にオリンパスチーム、平塚工科チームを逆転し、初の総合優勝を飾りました。
 祝勝会は来賓の方々、立浪部屋の力士達そしてチームの結成当時のメンバーら関係者約100人が集まり快挙を讃えました。
 チームを代表してリーダーの池田さんは「一年一年の積み重ねが優勝につながった。塚田総監督のお陰でチームとしても人としても成長できた。」と謝辞を述べました。心に残る盛大な祝勝会となりました。
 
         ソーラーカーレースメンバーが監督と共に
 
 
    ソーラーカー優勝報告
  
  8月3日に三重県鈴鹿サーキットで行われた「ソーラーカーレース鈴鹿2019」の4時間耐久レースで初優勝を成し遂げた塚田監督とチームメンバーらがつくば市役所を訪問し、五十嵐市長に優勝報告をしました。五十嵐立青市長から「優勝おめでとう!見事な逆転優勝でした」とねぎらいの言葉をいただきました。
 優勝したマシンは、9月28日から約1ヶ月間つくば市吾妻の商業施設BiVi  つくば総合インフォメーションセンター交流サロンに展示されます。
 
表敬訪問 
(國澤氏 ・ 荒井氏 ・ 池田氏 ・ 五十嵐市長 ・ 塚田代表 ・ 辻先生 ・ 霞氏)
 

 
■ レース成績について ■
 エントリー 結果
 2019年
エンジョイクラス 総合1位 クラス1位  優勝
 2018年
エンジョイクラス 総合6位、クラス2位(準優勝)
 2017年
エンジョイクラス 総合4位、クラス4位
 2016年
エンジョイクラス総合7位、クラス4位
 2015年
エンジョイクラス 総合7位、クラス4位
 2014年
エンジョイクラス総合12位、クラス7位
 2013年
エンジョイクラス総合3位、クラス2位(準優勝)
 2012年
エンジョイクラス総合12位、クラス6位(入賞)
 2011年
エンジョイクラス総合20位、クラス10位(入賞)
 2010年
エンジョイクラス総合20位
 2009年
エンジョイクラス総合10位

    


 
 
 
 
 
 
 

 

本日のカウント数
合計カウント数
 
 


日昇つくば プラント

〒305-0877
茨城県つくば市片田468
TEL:029-838-1070(代) 
FAX:029-838-2018

E-mail:info@e-nissyo.co.jp

 

    お問い合わせ時間

8:00~17:00
(土曜日8:00~15:00)


問い合わせフォームでのお問い合わせは、24時間受け付けております。

休日:日曜日・祝日